クロステックとは?事例と初心者向けおすすめの本も紹介

デジタル技術が進んだことにより、「〇〇テック」への注目が集まっています。

「〇〇テック」は総称して「X-Tech(クロステック)」と呼ばれ、実際にX-Techビジネスを始める企業が増えています。

そこで今回は、クロステックとは何なのかについて紹介!

こんな方におすすめ
  • クロステック全般を簡単にでも知っておきたい
  • クロステックの導入事例にはどんなのがあるの?

参考文献は『X-Techビジネス大全』: 既存産業×デジタルが最適化社会を切り拓く

X-Techの全てを網羅しており、世界が抱える社会課題の解決にどう役立っているのかや実際の活用事例、そして今後の未来がどう変わっていくのかがまとまっている。

X-Tech全体を知るなら読んでおくべき一冊

X-Tech(クロステック)とは

X-Tech(クロステック)とは、既存の産業に最新のテクノロジーを掛け合わせることで生み出される新しい価値を持つ製品やサービスのことです。

そのため、「○○×Tech」という造語で呼ばれています。

例えば、Finance(金融)とTechnology(技術)を掛け合わせたFinTechはその一例です。

X-Techの種類

X-Techは、今後既存産業に新たな変化をもたらすことで注目を集めており、今現在も続々と新しいX-Techが登場しています。

以下に簡単にまとめます。

・AccountTech

会計業務の自動化

・AdTech

ネット広告等の広告をテクノロジーにより最適化

・AgingTech

老化を防ぎ、健康寿命を延ばすテクノロジー

・AgriTech

農業(Agriculture)と技術(Technology)の融合

・AutoTech

自動車業界から発達したテクノロジー、完全な自動運転の実現に関わる分野

・BabyTech

ベビー用品とテクノロジーの融合

・BeautyTech

美容に関するテクノロジー

・BrainTech

脳科学(神経科学)の知見とICTやネットを組み合わせたビジネス

・CareTech

介護分野でのテクノロジーの活用

・CivicTech

市民(Civic)がテクノロジーを活用し行政や社会問題を解決する取り組みのこと

・CleanTech

環境(Clean)とテクノロジーの融合

・CosmeTech

BeautyTechと類似

・CreditTech

テクノロジーを活用し信用情報(与信情報)をより精緻化するビジネス

・EdTech

教育(Education)との融合、デジタル技術を活用した学習スタイルやコンテンツの改革

・EnergyTech

電気やガスなどのエネルギーの可視化、最適運用

・FashionTech

ファッションに関わる分野でのICTを活用したサービス

・FinTech

ファイナンス(Finance)との融合、電子決済はその一例

・FlexTech

フレキシブルデバイス(柔軟性のある有機エレクトロニクスのデバイス)に関するテクノロジー

・FoodTech

食品関連サービスとICTの融合

・GovTech

政府(Government)とテクノロジーの融合、より良い公的サービスの展開

・HealthTech

医療とICTの融合

・HospitalTech

病院に関わるテクノロジー

・HRTech

Human Resource(人材)との融合、人事関連業務の課題を解決するソリューションやサービスのこと

・HumanTech

人間全般に関わるテクノロジー

・InfraTech

社会インフラに関わるテクノロジー

・InsurTech

保険(Insurance)との融合、保険会社の仕事の効率化や収益性の向上

・IPTech

特許に関わるテクノロジー

・LearningTech

EdTechが教える側の進化であるのに対し、学ぶ側の進化を指す

・LegalTech

法律(Legal)との融合

・LivingTech

暮らしや生活空間に関わるテクノロジーの進化

・LogiTech

ロジスティックス(Logistics)との融合

・LoveTech

AIを活用したマッチングサービス

・MarTech

マーケティング活用にICTを活用し、効率的で効果的なビジネスを展開

・MedTech

医療分野でのICT活用

・NeuroTech

神経科学との融合

・OfficeTech

LivingTechのオフィスでの活用

・PeopleTech

テクノロジーによる個々の能力の向上

・PoliTech

政治(Politics)との融合

・PowerTech

電力に関わるテクノロジー

・PropTech

プロパティ(Property)マネジメントの効率化

・PRTech

広報活動であるPR(Public Relations)をテクノロジーを活用し効率化

・RETech

Real Estate(不動産)とテクノロジーの融合

・RegTech

規制(Regulation)との融合、主に金融規制に対応するソリューション

・RetailTech

小売りや物流・倉庫等の流通関係にICTを導入すること

・RoboTech

ロボットに関わるテクノロジー

・SalesTech

営業(Sales)活動の効率化

・SeniorTech

高齢者に関わる分野とテクノロジーの融合

・SleepTech

睡眠(Sleep)との融合、睡眠の改善を図る

・SpaceTech

宇宙に関わるテクノロジー

・SporTech

スポーツでのICTの活用、心拍数の測定やパフォーマンスの数値化等

・TalentTech

HRTechに類似

・TeachingTech

EdTechと類似

・TextileTech

繊維製品に関わるテクノロジー

・TransTech

テクノロジーにより人間の限界を超える能力を発揮することを可能にすること

・TravelTech

旅行とテクノロジーの融合

・VideoTech

映像×AIの技術全般を指す。スマホでの映像作成、動画面接等

・WaterTech

AIの活用による水の浄化の効率化

X-Techで生活が変わる例

FinTech

FinTechのサービスの例として、マネーフォワード MEという「家計簿管理」のアプリがあります。

このアプリにより、クレジットカードや電子マネー、自動引き落とし等のデータが自動で集計されます。

そのため、支出のデータが簡単に「水道・光熱費」、「食費」、「交通費」、「日用品」、「交際費」、「通信費」といったカテゴリーに分類されます。

データをもとにお金の使い方の分析もAIが行ってくれるため、これまでは手動で家計簿管理をしていた作業も必要なくなります。

WaterTech

水問題課題の解決に向けたWaterTechの例として、日本にはWOTAという会社があります。

この会社はICTを活用した水再生システムを開発しています。

具体的には、水の汚れをセンサーが感知し、汚れ具合に応じて最適なフィルターを通すことを可能にしています。

これにより、何度も同じ水を使うことができるだけでなく、AIの利用により効率化やコスト削減にもつながっています。

そのため、WaterTechはクロステックの中でもSDGsの課題解決につながる一つのため、大きな注目を集めています。

FoodTech

FoodTechの例には植物性たんぱく質を用いた「人工肉(代替肉)」があります。

健康志向の高まりとともに注目を集め、有名な企業としてはアメリカのビヨンドミート社インポッシブル・フーズ社です。

既に、マクドナルドやバーガーキングで、代替肉を使用したバーガーのテスト販売が行われるなど、FoodTechは今後もビジネスとして大きな可能性を持っています。

生活が変わる事例を紹介したらキリがないのでここらへんで…。

X-Techで会社が変わる例

LogiTech

LogiTechでは、原材料の調達から生産・販売において発生する物流作業にテクノロジーを活用します。

例えば、以下の動画のように、Amazon倉庫では最新のロボットが利用されています。

AIを活用し棚自体が人のいる場所に動いてくることで、移動距離の最小化や棚の配置の最適化を可能にしています。

倉庫の中を縦横無尽 アマゾンの動く棚ロボ

HRTech

HRTechは日本においても既に多くのサービスが活用されているクロステックの一つです。

【出典】HRTechナビ公式サイト

実際に日本で利用されているHRTechサービスは上記の地図にある通り、膨大な数があります。

  • 求人・マッチング
  • 採用管理
  • 社会保険手続
  • 勤怠管理
  • 給与計算
  • 人材管理・評価、タレントマネジメント
  • 社内コミュニケーション
  • 福利厚生・教育
  • 組織改善・データ分析

などなど。

これまで、人事関連業務は人間によるとても手間のかかる作業ばかりでしたが、HRTechを導入することにより、業務の効率化や質の向上のほか、AIを活用し動画面接を用いた人材採用・評価といった新しい分野への拡大も行われています。

X-Techで人間を変える例

SporTech

クロステックにより人間の能力向上に役立てている分野を一つ上げるならば、SporTechです。

スポーツにテクノロジーを活用した話として「マネーボール」という映画があります。

この映画は「マネーボール理論」という相手チームの選手の特徴や戦略をデータで分析する運営理論を活用し、経営危機に瀕した貧乏球団が勝つための突破口を見出していくストーリーです。

このように、既に映画化がなされているほど、SporTechの進化は早く、サッカーでいえば、選手の走行距離やスピード、心拍数、パフォーマンスを数値化したデータ等、リアルタイムでの分析が可能になっています。

活用事例としては、ヨーロッパ最大級のソフトウェア会社であるSAPがスポーツ業界に参入し、SporTechを導入しています。⇒SAPによるSporTechの事例

X-Techによる今後の可能性

今回はX-Techに関する基礎知識やそれぞれの種類と概要、そして実際の導入事例を一部紹介しました。


IT技術の進歩により、これから私たちの生活の全てが急速に変化していくでしょう。

そして今後はクロステックをはじめとしたテクノロジーにより、Society5.0という社会が到来するといわれています。

これは「必要なモノやサービスを最適化し、あらゆる人が活き活きと快適に暮らすことのできる社会」のことです。

そしてSociety5.0の実現はSDGsの17の課題解決にもつながることになります。

それだけ、X-Techのビジネスは世の中に大きな変革をもたらす大きな可能性を持っているのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました